このページではJavaScriptを使用しています。
産業用ロボット
非接触3Dセンサを使用したフレキシブル・メジャリング・ロボット・システム

 ドイツのHGV社が開発した非接触3Dセンサをロボットに搭載して、自動車生産ラインのインライン測定に対応可能なフレキシブル・メジャリング・ロボット・システムです。

 通常行われている、抜き取り検査ではなく、インラインによる測定により、全数の測定データの保存・管理が可能となり、生産履歴、生産工程管理、生産時のトレンドをモニタリングすることでトレース管理ができます。

 従来の3Dセンサとロボットの組合わせでは実現できなかった、ロボットの熱変位を自動補正することにより、測定ワークのエッジ形状検出、穴位置、ボルト中心、段差・ギャップを全自動測定します。また、混流生産ラインにおいても、塗装色の違いに対応し、ロボットによる任意の測定箇所の設定は、検査治具を必要としないインライン測定が可能となります。
また、ヘッドランプのような透明体を測定可能なセンサがあり、フロントランプ・モジュールの測定が可能です。